“音階”は「基礎」であって「基本」ではない

本当に上達したい方のためのヴァイオリン教室です ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン

モバイルでは端末を横長にしてご覧ください)

(iPhoneなどで端末を横長にして画面の左側にブックマークなどの表示が出る場合は

 画面最上部のアドレスバーの左側の青くなっているブック(本)のマークのアイコンをクリックすると消えます)

 イワモト ヴァイオリン教室のブログへようこそ。

 イワモト ヴァイオリン教室では
 専門家を目指す方だけではなく、趣味で習う方にも
 「正しい音程」 (正確な音程)
 「本格的な音色」(美しい音)でヴァイオリンを弾くための
 基礎的な演奏技術を大切に指導し
 一音いちおん丁寧に
 各人の進捗に合わせた課題をレッスンしています。

 ヴァイオリンが本当に上手に弾けるようになりたい方は
 当教室のバイオリンのレッスンをぜひ受けてみてください。

“音階”は「基礎」であって「基本」ではない ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

私は

 日本に生まれ育った日本人でも国語の専門家ではないので、詳しくはわかりませんが

 「基礎・基本」という言い方はよく耳にするものの

 「基本・基礎」という言い方は聞かないのは、単に語呂の問題ではないと思い

 調べてみました。

すると

 「基礎」=知識・技能。「基本」=認識・価値観。

 「基礎」=客観的に把握できるもの。「基本」=人によってはさまざま。

 「基礎」の上に「基本」ができる。

 http://www.chigai.org/「基礎」と「基本」の違い/

 と書かれているページがありました。

そして

 ヴァイオリンに関して

 “音階”は「基礎」であるべきにもかかわらず

 “音階”を「基本」であるかの如くに誤解してしまっている人達が多いことに

 気づきました。

それは

 このブログで何度も書いているように

 例えば

 「日本語の用例集というのは、日本語を正しく綴る練習をするための教本」であり

 「日本語の用例集を使うなら、日本語の文字の読み書きができていないと使えない」

 のと同じで

 「音階練習の教本というのは、音程を正しく奏でるための練習をする教本」であり

 「音階練習の教本を使うなら、音程の取り方がわかっていないと使えない」

 のです。 

“音階”は「基礎」であって「基本」ではない ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

そうしたことから

 ヴァイオリンをそのものとして奏で、まさしく弾くべく習っている人達というのは

 「音階練習の教本を使うなら、音程の取り方がわかっていないと使えない」ことから

 ヴァイオリンで響きを聴いて音程を確定させられる方法を習い訓練を受け続けていて

 ヴァイオリンで音程を確定できる=音程を客観的に把握できるので

 “音階”を「基礎」として学ぶことで、演奏も安定して着実に上達していきます。

“音階”は「基礎」であって「基本」ではない ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

それに対して

 ヴァイオリンをそれっぽく(笑)奏で、それらしく弾くだけの人達は

 「音程の取り方もわからずに、音階練習の教本を使う」ばかりで

 ヴァイオリンの響きを聴いて音程を確定させる方法など知らずわからず習わずに

 徐々にそれっぽい音程に近づけているだけなので

 ヴァイオリンで音程を確定できない=音程を主観的にしか捉えられないので

 “音階”が「基本」だと唱えるだけで、演奏は何時までも不安定なままなのです。

“音階”は「基礎」であって「基本」ではない ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

すると

 「そんなことはない…ヴァイオリンで響きを聴いて音程を取るための方法として

  開放弦との共鳴で音程をチェックして確定させている」

 と言う人も居るかもしれませんが、それは二つの点で誤りです。

それは

 第一に、開放弦との共鳴で音程…といっても、それでは確認できる音程は限られ

 第二に、開放弦との共鳴は手掛かりで、その先に求める音程は数種類あるのです。

えっ?

 だいたいの手掛かりさえあれば、あとは感覚で求める音程は何とか取れる?

 それは恰も最寄り駅がわかれば、あとは山勘で目的地に着けると言っているのと

 同じようなもので

 その場所への道順がわからなければ、求める場所には着けないように

 その音程の取り方がわからなければ、求める音では弾けないままで終わるだけです。

“音階”は「基礎」であって「基本」ではない ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

そして

 前の記事でも書いたように

 単音は勿論、重音の音階練習の際にも私は生徒さんに対して

 「そうそう、天麩羅を揚げているような音が(微かに)聞こえますね」と言ったり

 「そうそう、線香花火の音が(微かに)聞こえますね」と言って褒める…ですとか

“音階”は「基礎」であって「基本」ではない ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 同じ音符でも何れの音程にするのかは線香花火の音がする音程のなかから選ぶ

“音階”は「基礎」であって「基本」ではない ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 などということは永遠にわかる筈もないのです。

挙句の果てに

 ヴァイオリンで正しい音程が取れると美しい音が響くことや、そうした音に対して

 「そうそう、天麩羅を揚げているような音が(微かに)聞こえますね」と言ったり

 「そうそう、線香花火の音が(微かに)聞こえますね」と言うことについて

 ヴァイオリンのそうした正しいレッスンを受けたことのない者のなかには

 正しい音程が取れた際に天麩羅を揚げているような音が微かに聞こえる=潰れた音

 正しい音程を選ぶ際に微かに線香花火のような音が聞こえる中から選ぶ=濁った音

 などと誤想し曲解する者まで居たりするのです(笑)

“音階”は「基礎」であって「基本」ではない ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

さらに

 以前の記事で書いたように

 ヴァイオリンの響きを聴き音程の微調整をする訓練を行い続けることによって

 様々な楽器と合奏した際にも美しいアンサンブルが可能となるのに対して

“音階”は「基礎」であって「基本」ではない ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 これも以前の記事で書いたように

 ヴァイオリンの音程がどういうものかもわからず

 ヴァイオリンの音程を明確に取れないような有様で

 ヴァイオリンとは音程が異なるピアノや電子楽器やギターなどと合奏していると

 ヴァイオリンの音程が取れなくなるだけではなく

 ヴァイオリンの側が微調整してピアノや電子楽器やギターに合わせるのも曖昧になり

 それっぽい(笑)だけで完全に綺麗なアンサンブルにはならなくなります。

“音階”は「基礎」であって「基本」ではない ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

つまり

 せっかく好きで習い始めて真剣に学び奏でたい…と思っていたヴァイオリンで

 リアリティとして本来のヴァイオリンの奏法や音程の取り方を習えている人と違い

 イメージとしてそれっぽく(笑)語られ、それらしく奏でるだけの人達というのは

 同じようにレッスンを受けているようでも、進む先が異なってしまっているのです。

“音階”は「基礎」であって「基本」ではない ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

では

 何故、音程の取り方も知らずわからず習わずに音階を復習ったりしているのか?

 何故、音程の取り方も教えずにチューナーを使い、使わせる指導者に就いたのか?

 何故、開放弦との共鳴…などと尤もらしく言われただけで納得してしまうのか?

 それは、はたして自分の受けているレッスンはそれっぽい(笑)だけなのかどうか

 しっかりと目を見開いて客観的に判断することが疎かなのが原因だと思います。

と書くと

 そんなことはない!私は他の先生にも習って比較した…ですとか

 そんなことはない!自分は真剣に考えて先生を選んだ…などと言われそうですが

 にもかかわらずヴァイオリンは響きを聴けば総ての音で音程が確定させられ

 それはあたかも線香花火のような音がする…ということが理解できないのは

 以前の先生よりも現在の先生が相対的に多少マシなだけな場合もあれば

 しっかりと目を見開いて客観的に判断したつもりでも、結局は下掲のような有様

 ということなのだと思います。

“音階”は「基礎」であって「基本」ではない ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

(狛江教室の最寄り駅のひとつの つつじヶ丘駅前に停まっていたバスです)

つまり

 しっかりと目を見開いて周囲をよく見渡してはいるものの、それは周囲ばかりで

 しっかりと目を見開いても、自分自身については見ることができていないので

“音階”は「基礎」であって「基本」ではない ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 客観的な判断ができていないに等しい事態に陥っているのではないかと思います。

その結果

 リアリティとしてそのものとして奏で、まさしく弾くように習っていたつもりが

 イメージとしてそれっぽい(笑)だけで音楽とは名ばかりの狂った演奏しかできず

 それがヴァイオリンの難しさだと勘違いしているのは何ともお気の毒な限りです。

そして

 音程の取り方を習ってから音階を弾く…という当然のことも教われないような人達は

 課題曲も勝手に選んで習ったりして、その段階や次の段階で学ぶべき課題も学べず

 改善、効率、表情、運弓、バランス、などと尤もらしい口上を語って貰い

 抽象的な世界で遊び、それで如何にも習ったつもりになってしまっているのです。

“音階”は「基礎」であって「基本」ではない ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

ですから

 今受けているレッスンがそれっぽい(笑)だけのものかどうかを改めて見直し

 ヴァイオリンで響きを聴いて音程を確定させられる方法を習い訓練を受け

 ヴァイオリンに関して

 “音階”は「基本」ではなく

 “音階”は「基礎」であることを学ぶべく

“音階”は「基礎」であって「基本」ではない ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 是非とも

 「宿命」=生まれる前に決まる。「運命」=生まれた後に決まる。

 「宿命」=変えられない。「運命」=変えられる。

 「宿命」=避けられない。「運命」=避けられる。

 http://www.chigai.org/「宿命」と「運命」の違い/

 ということで、運命を変えてみて欲しいと思います。

そして

 ヴァイオリンと本当のいい関係を築くべく

“音階”は「基礎」であって「基本」ではない ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン
“音階”は「基礎」であって「基本」ではない ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

(狛江教室の近くの漢方薬局の入り口にあった看板です)

といっても

 そもそもこのブログはブログの目次のページにも記したように

 レッスンを申し込まれる判断材料として

 レッスン方針・レッスン形態のページなどとも併せてご覧いただくために 

 書いているものですが、それすらさえ通じることなく

 このブログを眺めて悦に入るだけ…という方も居るようなので(笑)

 既述のようなことを呼びかけてみたところで、通じないのかもしれません。

“音階”は「基礎」であって「基本」ではない ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 残念です。


(下掲のボックスでブログ(サイト)内の検索ができます)

 

 

このブログの文章・画像・その他のコンテンツを含む一切の転載をお断りいたします