二つ折りの紙

本当に上達したい方のためのヴァイオリン教室です ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン

モバイルでは端末を横長にしてご覧ください)

(iPhoneなどで端末を横長にして画面の左側にブックマークなどの表示が出る場合は

 画面最上部のアドレスバーの左側の青くなっているブック(本)のマークのアイコンをクリックすると消えます)

 イワモト ヴァイオリン教室のブログへようこそ。

 イワモト ヴァイオリン教室では
 専門家を目指す方だけではなく、趣味で習う方にも
 「正しい音程」 (正確な音程)
 「本格的な音色」(美しい音)でヴァイオリンを弾くための
 基礎的な演奏技術を大切に指導し
 一音いちおん丁寧に
 各人の進捗に合わせた課題をレッスンしています。

 ヴァイオリンが本当に上手に弾けるようになりたい方は
 当教室のバイオリンのレッスンをぜひ受けてみてください。

ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

以前の記事

 ヴァイオリンは調弦の際にも[差音]の存在に耳を傾ける必要があり

 ヴァイオリンの重音における[差音]の音程がわからない際は響きの変化に注目し

 指導することで、最終的には[差音]無しの重音は考えられなくなると書きました。

そしてそのことは

 ヴァイオリンは響きを聴いて音程を取る楽器であることの一環であり

 ヴァイオリンは響きによって音程が生じる…などということは他の楽器でも同様で

 従って

 ヴァイオリンの音程をよく聴くには、充分かつ正しく楽器が響いている必要があり

 ヴァイオリンが正しく響く時に、ヴァイオリンは美しい音で響くことから

[ヴァイオリンの音程が良い=ヴァイオリンの音色が美しい]ということになります。

音程 音色 合点がいく ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

ところが

 それっぽく(笑)語り、それらしく(笑)弾いてみせるだけの先生?は

 音程だけパーフェクトでも音色がメチャクチャでは何にもならない…と言います。

音程 悪い ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

けれども既述のように

 ヴァイオリンは響きを聴いて音程を取る楽器であり

 ヴァイオリンの音程をよく聴くには、充分かつ正しく楽器が響いている必要があり

 ヴァイオリンが正しく響く時に、ヴァイオリンは美しい音で響くことから

 音程だけパーフェクトでも音色がメチャクチャでは何にもならない…という考え方は

 ヴァイオリンが正しく響く時に、ヴァイオリンは美しい音で響くことがわからず

 ヴァイオリンを正しい音程で弾くことの意味がわかっていないといえます。

そして

 音色だけパーフェクトでも音程がメチャクチャでは何にもならない…とは言わずに

 音程だけパーフェクトでも音色がメチャクチャでは何にもならない…と言うことで

 音程という具体的な基準で評価される分野でその取り方を十二分に語れないが故に

 音色という抽象的な世界に逃げ込んでしまおうという意図も垣間見られます。

そうしたことから

 音程だけパーフェクトでも音色がメチャクチャでは何にもならない…という考え方は

 音程の取り方を知らないので“私自身音程が悪くて直せない”という独白であり

 音色という抽象的な世界に逃げ込むための詭弁であることが明らかになります。

さらに

 そのような詭弁を弄する先生?は

 初心者であってもなくても響きを聴いて音程を取るヴァイオリンにおいては

 初心者であればあるほどに響きを聴いて音程を取らせる指導が重要なのに

 チューナーなどで音程を取らせてしまったりするのですが

 これもまた“私自身音程が悪くて直せない”という独白であるだけではなく

 “音程の取り方を初心者に正しく指導できない”お手上げ状態の現れなのです。

初心者 指導 お手上げ ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

また

 そのような詭弁を弄する先生?は

 曲を進めることより…と言いながら、実際はエチュードをある程度で次々に弾かせ

 それを何巡も反復させることにより、曲は進めていないという掏り替えをしながら

 大人は部分を順に完成させていくより荒削りでも全体を…などと言い出します。

けれども

 大人であろうがなかろうが、初心者であろうがなかろうが

 そのようなやり方では生徒に却って多大な苦労を強いてしまうことが

 紙を二つに折るだけで簡単に説明できてしまえるのです。

それは

 何かの紙を丁度二つに折った…つもりが

 よく見ると丁度ではなく微妙にズレてしまっていた

 という経験は、誰もがしたことがあると思います。

紙 二つ折り ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

そして

 上掲のようにズレて二つに折ってしまった紙を丁度に折り直そうとすると

 単なる折り直しでは済まずに、ズレている折り癖を直しながらの折り直しになり厄介

 という経験も、誰もがしたことがあると思います。

そうした際に

 大人は端を綺麗に折り合わせるよりも荒削りでも全体を…などということは有り得ず

 老若男女とも端を折り合わせるように丁寧に折って行くべきであって

 もしもそれを端を折り合わせるように丁寧に折らないと、既述のように

 単なる折り直しでは済まずに、ズレている折り癖を直しながらの折り直しになり厄介

 ということに異論を唱える人は居ないと思います。

ですから

 これはヴァイオリンの習得でも全く同じことが言えて

 大人は部分を順に完成させていくより荒削りでも全体を…などということは有り得ず

 老若男女とも部分を順に完成するよう丁寧に復習っていくべきであって

 もしもそれを部分を順に完成するよう丁寧に復習っていかないと

 単なる復習い直しでは済まずに、狂った弾き癖を直しながらの復習い直しになり厄介

 ということになってしまいます。

そして

 建物の建築でも一つひとつ正しく積み重ねないと曲がってしまうように

 演奏の技術でも一つひとつ正しく積み重ねないと狂ってしまい

 一度でもおかしな癖が付いてしまうと、直すのが大変になってしまうか

 場合によっては直せなくなることもあるのです。

ピサの斜塔 ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

ですから

 そうしたことは決して一部や特定の先生においてではなく

 ヴァイオリンを学び奏で教える者のすべてが常に自戒しなければならないのです。

と書くと

 自分の習っている先生は

 チューナーやシールを使って音程を取らせたりしないから大丈夫…ですとか

 ピアノやキーボードを使って音程を取らせたりしないから安心…といった

 安堵の声が聞こえてくるかもしれませんし

 そうした先生であれば安心…と言いたいところなのですが

 そうした先生であっても安心できない…というよりも

 それだけの基準では、安心して習い続けて良い先生かどうかが判断できないのです。

判断できない ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

では

 どのような基準なら、安心して習い続けられる先生かどうかが判断できるかといえば

 既述のようにヴァイオリンは響きを聴いて音程を取る楽器であり

 ヴァイオリンの響きをよく聴くには、充分かつ正しく楽器が響いている必要があり

 ヴァイオリンが正しく響く時に、ヴァイオリンは美しい音で響くことから

[ヴァイオリンの音程が良い=ヴァイオリンの音色が美しい]という考え方に基づき

 チューナーやシールやピアノやキーボードなどを使わずに

 ヴァイオリンの響きを聴いて音程を取るやり方で

音程 取り方 ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 例えば上掲のようなニ長調の音階の音程を

 正しく取る方法を教えてくれているかどうかということで判断できるのです。

具体的には

 [レ]  の音程は開放弦なのでそのまま弾き

 [ミ]  の音程は開放弦の[ミ]が共鳴する音程で取り

 [ファ#]の音程は開放弦の[ラ]と調和する音程で取り

 [ソ]  の音程は開放弦の[ソ]が共鳴する音程で取り

 [ラ]  の音程は開放弦の[ラ]と一致する音程で取る

音程 取り方 間違い ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 などと教える先生はダメな先生なのです(笑)

音程の取り方 間違い ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

それは

 既掲の譜例のようなニ長調の音階における

 [ファ#]の音程は開放弦の[ラ]と調和する音程で取るのではなく

音程の取り方 間違い ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 まず最初に開放弦の[ミ]と調和する[シ]の音程を取り

 そうして取った[シ]と調和するように[ファ♯]の音程を取る

音程の取り方 正しい ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン
音程の取り方 正しい ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 という音程の取り方が正しいからです。

音程の取り方 正しい ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

そして

 上掲のように導き方の異なる二つの[ファ♯]の音程には

 既掲の二つに折った紙の端が微妙にズレていたような違いがあるのです。

ですから

 そうした音程の取り方のルールの違いを教えてくれることが

 ヴァイオリンの先生として最低限の基準を有しているといえます。

さらに

 ヴァイオリンの先生として正しい指導をしている先生であれば

 このブログで何度も書いているように

 生徒さん方がヴァイオリンの響きで音程が取れるようになるのに伴って

 単音は勿論、重音の音階練習の際にも私は生徒さんに対して

 「そうそう、天麩羅を揚げているような音が(微かに)聞こえますね」と言ったり

 「そうそう、線香花火の音が(微かに)聞こえますね」と言って褒める

音程 取り方 ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 という話や

 ヴァイオリンでは同じ音符でも重音、旋律、旋律の前後関係で音程が異なりますが

 何れの音程にするのかは線香花火の音がする音程から選べばいい

音程 取り方 ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 という考え方に立脚して

ヴァイオリン 音程 取り方 ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 として導く音程も

ヴァイオリン 音程 取り方 ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 として導く音程も

 そのように開放弦との重音で順次…などという手順を踏まずとも

 求める音程を直接正しく選択することができるように指導してくれるのです。

そして

 求める音程を直接正しく選択することができる…ということはすなわち

 求める音程を直接正しく演奏することができる…ということになるのです。

ヴァイオリン 音程 取り方 ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

えっ?

 正しい音程が取れた際に天麩羅を揚げているような音が微かに聞こえる=潰れた音?

 正しい音程を選ぶ際に微かに線香花火のような音が聞こえる中から選ぶ=濁った音?

それは

 ヴァイオリンで正しい音程が取れると美しい音が響くことを知らない者や 

 ヴァイオリンの正しいレッスンを受けたことのない者の誤想と曲解です(笑)

ヴァイオリン 音程 取り方 ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

えっ?

ヴァイオリン 音程 取り方 ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 というニ長調の音階の音程を正しく取る方法をそんなに詳しく書いてしまったら

 もしもこのページを見たり読んだりして

 或いはこのペーシの方法をそのまま伝えて如何にもわかっているっぽく(笑)装い

 実はヴァイオリンの音程の取り方を知らないのを誤魔化してしまうかもしれない?

いいえ

 そうしたことが危惧される場合には

 今度は

ヴァイオリン 音程 取り方 ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 ではなく

ヴァイオリン 音程 取り方 ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 という音階の音程を正しく取る方法を訊いてみればいいのです。

ちなみに

 その場合

 

ヴァイオリン 音程 取り方 間違い ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 でもなければ

ヴァイオリン 音程 取り方 間違い ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 でもなく

 別の音程の取り方が必要になります。

もっとも

 音程の取り方を知らず、響きを聴いて音程を定められない先生?に対しては

 そのような架空の音階の音程の取り方を訊くよりも

 ヴァイオリンの調弦というヴァイオリンを弾く誰もが必ず行うことにおいて、

 2つの開放弦を完全5度に調弦して同時に弾いて

 下の弦の音の1オクターブ下の音が鳴っていれば

 2つの開放弦が正確に完全5度で調弦できていることになる…という

 以前の記事で書いたやり方について訊いてみるのが良いと思います。

ヴァイオリン 調弦 完全5度 正しい 差音 ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

そして

 音程の取り方を知らず、響きを聴いて音程を定められない先生?は

 ヴァイオリンの調弦が正しくできているかどうかを確認する上記のような方法は

 説明できない可能性が高く

 説明できたとしても実演できないか

 実演できたとしても1オクターブ下が響いていることが聴取できない生徒に対して

 如何に聞き取らせるか…というやり方も知らずわからずできないに違いないのです。

ですから

 ヴァイオリンの調弦を正しく行うことはヴァイオリンの演奏上必須であり

 ヴァイオリンの調弦を正しく行わないヴァイオリンのレッスンは有り得ず

 上掲の譜例で黒く点滅する音が

 『温故知新 ~その2~(調弦を正しく行うために)』で書いた[差音]で

 『[差音]と[加音](さらに正確に調弦を行うために)』で書いたように

 調弦する際の[差音]の現象ではなく、聞き取る方法や手順を訊いてみるという

 その一点において、正しく指導できる先生なのか?それとも先生?擬きなのか

 ということが確実に見破れるのです。

ヴァイオリン 先生 真贋 見破る ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

もっとも

 そもそもこのブログはブログの目次のページにも記したように

 レッスンを申し込まれる判断材料として

 レッスン方針・レッスン形態のページなどとも併せてご覧いただくために 

 書いているものですが、それすらさえ通じることなく

 このブログを眺めて悦に入るだけ…という方も居るようなので(笑)

 既述のようなことを書いてみたところで、通じないのかもしれません。

通じない ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 残念です。


(下掲のボックスでブログ(サイト)内の検索ができます)

 

 

このブログの文章・画像・その他のコンテンツを含む一切の転載をお断りいたします