“音程” は “リズム” に属する

本当に上達したい方のためのヴァイオリン教室です ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン

モバイルでは端末を横長にしてご覧ください)

(iPhoneなどで端末を横長にして画面の左側にブックマークなどの表示が出る場合は

 画面最上部のアドレスバーの左側の青くなっているブック(本)のマークのアイコンをクリックすると消えます)

 イワモト ヴァイオリン教室のブログへようこそ。

 イワモト ヴァイオリン教室では
 専門家を目指す方だけではなく、趣味で習う方にも
 「正しい音程」 (正確な音程)
 「本格的な音色」(美しい音)でヴァイオリンを弾くための
 基礎的な演奏技術を大切に指導し
 一音いちおん丁寧に
 各人の進捗に合わせた課題をレッスンしています。

 ヴァイオリンが本当に上手に弾けるようになりたい方は
 当教室のバイオリンのレッスンをぜひ受けてみてください。

“音程”は“リズム”に属する ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

ヴァイオリンという楽器は

 正しい音程を得るための響きを求めることで美しい音色が紡がれるにもかかわらず

 音程の取り方も知らずわからず学ばずに音階練習の教本を闇雲に復習う人に限って

 手の形、響き、音色、説得力、音楽、などと尤もらしい口上を連ねますが(笑)

 それは響きを聴いて音程を定める方法を知らない代わりに他のことを尤もらしく語り

 抽象的な世界に逃げ込み、それらしく装っているだけの素人でしかないのです。

さらに

 ヴァイオリンの響きを聴いて音程を取ることを知らずわからず習っていない素人は

 練習で改善すべき課題は音程、音色などと分けて対処する…などと言い出しますが

 それは恰も運転の教習で方向、速度などと分けて対処する…と言っているのと同じで

 そうした切り分けをしていては練習以前にそもそも演奏も運転も成立しませんし

 音程の取り方がわからないので、課題の分離だの又候音色だのと話を掏り替えるのは

 大雨で家の被害を案ずる子供に、保険に入っているから大丈夫と話を掏り替えている

 下掲のCMと同じやり方であり、巧妙な語り口だといえます。

そのため

 そうしたそれっぽく(笑)語り、それらしく教えている素人に釣られて就いた人達は

 せっかく好きで習い始めて真剣に学び奏でたい…と思っていたヴァイオリンで

 リアリティとして本来のヴァイオリンの奏法や音程の取り方を習えている人と違い

 イメージとしてそれっぽく(笑)語られ、それらしく奏でるだけになってしまい

 同じようにレッスンを受けているようでも、進む先が異なってしまっているのです。

“音程”は“リズム”に属する ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

それに対して

 ヴァイオリンの音程はヴァイオリンの響きを聴いて取るものであることや

 ヴァイオリンの音程はヴァイオリンそれ自体だけで正確に取れることを習い

 正確な知識と緻密な観察に基づく訓練を受け続けた人達であれば

 これも以前の記事で書いたように

 単音は勿論、重音の音階練習の際にも私は生徒さんに対して

 「そうそう、天麩羅を揚げているような音が(微かに)聞こえますね」と言ったり

 「そうそう、線香花火の音が(微かに)聞こえますね」と言って褒めることがある

 ということの意味がわかって頂けると思います。

“音程”は“リズム”に属する ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

そして

 ヴァイオリンを正しい音程で弾ければ線香花火の音がすることさえわかれば

 同じ線香花火でも何れの線品にするのかは当然線香花火の中から選ぶように

“音程”は“リズム”に属する ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 同じ音符でも何れの音程にするのかは線香花火の音がする音程のなかから選び

 後はそのようにヴァイオリンの響きで線香花火の音がする音程を紡ぎ続けさえすれば

 最終的には打ち上げ花火のように素晴らしい音楽を奏でることができます。

けれども

 線香花火を単に沢山並べて連ねただけでは打ち上げ花火にはならないように

 線香花火の音がする音程を連ねただけでは打ち上げ花火のような表現にはならず

 その際には“音程”は“リズム”に属する…という考え方が必要になります。

 

と書くと

 ヴァイオリンをそれっぽく(笑)奏で、それらしく弾くばかりの人達にしてみれば

 ヴァイオリンを正しい音程で弾くと線香花火の音がする…ですとか

 同じ音符でも何れの音程にするのかは線香花火の音がする音程のなかから選ぶ…

 というだけでも、もう既に何のことかわからないに違いありませんし(笑)

“音程”は“リズム”に属する ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 “音程”は“リズム”に属する…と書かれると

 ますます訳が分からないに違いありません(大笑)

“音程”は“リズム”に属する ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

ですから

 そういう方はここで読むのをお止めいただければと思います。

 ここまでご覧いただきまして、ありがとうございました。

“音程”は“リズム”に属する ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

ということで

 ヴァイオリンをそれっぽく(笑)奏で、それらしく弾くばかりの人達には退場願って

 ヴァイオリンをそのものとして奏で、まさしく弾く人達向けに記事を続けます。

というよりも

 そもそもこのブログはブログの目次のページにも記したように

 レッスンを申し込まれる判断材料として

 レッスン方針・レッスン形態のページなどとも併せてご覧いただくために 

 書いているものです。

そして

 このブログの冒頭や私のサイトでも書いているように

 一音いちおん丁寧にヴァイオリンのレッスンを行うとともに

 一音いちおん丁寧に取ることで正しい音程を導いていますが

 そうした一音いちおん丁寧に音を配していく際には

 以前の記事の譜例を用いて譬えると

“音程”は“リズム”に属する ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 というように“音程”ばかりが表出されるような音の配し方ではなく

“音程”は“リズム”に属する ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 というように“音程”とともに拍節感によりリズム”も表出され易い

 音の配し方をするようにしています。

加えて

 これも、既掲の譜例を掲げた記事中で示したように

“音程”は“リズム”に属する ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 だけでは、ただの[ソ]の音だけですし

“音程”は“リズム”に属する ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 でも、それは[ソ]の音の前に休符が付いただけで

“音程”は“リズム”に属する ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 となると音楽になる際にも

 “音程”だけではなく“リズム”も表出されているといえます。

つまり

 リスナー の観点からすると

 「楽音」というのは聴き手の側が「音」に音楽を感じることで生まれるといえますが

 プレイヤーの観点からすると

 「楽音」として成立するように 「音」を楽器から奏でる必要があり

 そのようにプレイヤーが楽器から「楽音」を導こうとする際には

 運転において方向、速度などと分けて対処していては運転が成立しないのと同じで

 演奏において音程、音色などと分けずに複数の要素を同時に成立させようとします。

そして

 音程の取り方が不明で抽象的な世界に逃げ込むための口上としての音色などではなく

 既述のようにヴァイオリンは正しい音程を得るための響きが美しい音色を紡ぐので

 先ずは“音程”であり

 “音程”は“リズム”に従って配することから、この二つが複数の要素であり

 “音程”を“リズム”に従って配することで音楽になる点で

 “音程”は“リズム”に属する…といえます。

さらに

 ヴァイオリンの演奏で響きを聴いて音程を取る際にも

 覚束ない発音による響きでは音程の判別が困難で、明瞭な運弓による響きが求められ

 覚束ない運指による音程では音程の正誤が不明で、明確な運指による音程が求められ

 そのような明瞭な運弓、明確な運指という場合の「明瞭」「明確」というものは

 音の立ち上がり、すなわち時間の経過に対する音の変化の度合いに依拠し

 時間の経過の変化としての“リズム”が悪いと“音程”が覚束なくなる点でも

 “音程”は“リズム”に属する…といえます。

そして

 “音程”を取る際には、既述のように線香花火の音がするように選択していましたが

 “リズム”の観点では、上記のように一層の「明瞭」「明確」化を図り

 そうした音を連ねることで、打ち上げ花火のような音楽が奏でられるのです。

“音程”は“リズム”に属する ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

ということは

 ヴァイオリンの響きを聴いて音程を取ることを知らずわからず習わない人達は

 チューナーを使い、使わされ、いくら練習しても音程はそれっぽい(笑)ままですが

 それに加えて

 “音程”は“リズム”に属するということもわからないとなると

 そうした不理解によって一層音程が覚束なくなり、その上達は停滞してしまいます。

“音程”は“リズム”に属する ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン
“音程”は“リズム”に属する ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

それに対して

 ヴァイオリンの響きを聴いて音程を取ることを知り学び続けている人達は

 チューナーなど使うことなく、練習すればするほど音程がよくなりますが

 それに加えて

 “音程”は“リズム”に属するということがわかると

 そうした理解によってより一層音程がよくなり、その上達は更なる前進が望めます。

“音程”は“リズム”に属する ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

さらに

 “音程”は“リズム”に属するということがわかる人は

 “音程”を“リズム”に合致した形で配するというように

 その目指すべきものが明瞭なので、その練習は上達をもたらすとともに

“音程”は“リズム”に属する ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 その目指すべきものが明確なので、その努力は報われるものとなります。

“音程”は“リズム”に属する ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

そして

 その目指そうとする行為としての演奏が

“音程”は“リズム”に属する ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 その目指している地点に望み通りに到達できるようになった時

“音程”は“リズム”に属する ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 「音」は「楽音」として認識され

 「音」が「音楽」になり、生きた表現となるのです。

 

そのように

 「音」を「音楽」たらしめ

 「音」が「音楽」として、生きた表現となるための第一歩は

 ヴァイオリンの響きを聴いて音程を取ることなので

 そのための正確な知識と緻密な観察に基づく訓練の反復を実現させるように

 私はレッスンに際して一音いちおん丁寧に指導しています。

そして

 「毎週まいしゅうレッスンに通い」毎回こまめな指導を受けていただく際に

 番号単位ではなく小節単位(時には半小節など)の限られた課題で

 各音の「正確な音」を「具体的」に一つひとつ認識し確認しながら

 「一音いちおん耳を傾けながら奏でる」訓練を一切妥協することなく行い

 「確実な演奏」「きちんと正しくヴァイオリンを弾く」ことができる

 間違いのない演奏技術が得られるように指導しています。

“音程”は“リズム”に属する ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

以前の記事でも掲げた狛江教室の近くの漢方薬局の入り口にあった看板です)

 


(下掲のボックスでブログ(サイト)内の検索ができます)

 

 

このブログの文章・画像・その他のコンテンツを含む一切の転載をお断りいたします