ヴァイオリンの響きを豊かにするハンカチ

本当に上達したい方のためのヴァイオリン教室です ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン

モバイルでは端末を横長にしてご覧ください)

(iPhoneなどで端末を横長にして画面の左側にブックマークなどの表示が出る場合は

 画面最上部のアドレスバーの左側の青くなっているブック(本)のマークのアイコンをクリックすると消えます)

 イワモト ヴァイオリン教室のブログへようこそ。

 イワモト ヴァイオリン教室では
 専門家を目指す方だけではなく、趣味で習う方にも
 「正しい音程」 (正確な音程)
 「本格的な音色」(美しい音)でヴァイオリンを弾くための
 基礎的な演奏技術を大切に指導し
 一音いちおん丁寧に
 各人の進捗に合わせた課題をレッスンしています。

 ヴァイオリンが本当に上手に弾けるようになりたい方は
 当教室のバイオリンのレッスンをぜひ受けてみてください。

ヴァイオリンの響きを豊かにするハンカチ ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

ヴァイオリンの演奏の際に

 例えば日頃の八割方しか成果が出ない場合、指導では125%を目指す必要があり

 例えばヴァイオリンの音程は響きで判別すれば正誤は100%判断が付くものです。

にもかかわらず

 100%の指導など知らずできない有様を80%で良いだの効率的などと換言し

 ヴァイオリンの音程を響きで取る方法を知らないが故にチューナーを使い使わせ

 ヴァイオリンの楽器についても奏法上の観点ではなく楽器マニアの薀蓄で論じる

 要するにプレイヤーでなくリスナーに毛が生えただけの素人指導者も居たりします。

ところが

 以前の記事で書いたように

 素人というのは、その物事の素人の話にこそ共感してしまい

 素人というのは、その物事の素人が玄人っぽく語ると感心してしまうことから

 既述のような素人指導者の換言と能書きにこそ感じ入る初心者も居るようです。

その結果

 リアリティとしてそのものとして奏で、まさしく弾くように習っていたつもりが

 イメージとしてそれっぽい(笑)だけで音楽とは名ばかりの狂った演奏しかできず

 それがヴァイオリンの難しさだと勘違いしているのは何ともお気の毒な限りです。

けれども人によっては

 イメージとしてそれっぽく(笑)奏で、それらしくヴァイオリンを弾いているほうが

 リアリティとしてそのものとして奏で、まさしく弾くよりも楽だと思うようですが

 それでは結果もそれっぽく(笑)奏で、それらしいだけで終わってしまうこと以上に

 それでは却って、そのものとして奏で、まさしく弾くよりも大変になるのです。

何故なら

 私は実際に試してみたことはありませんが

 「キュウリ」に「ハチミツ」を掛けると「メロン」の味がすると言われていて

ヴァイオリンの響きを豊かにするハンカチ ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 イメージとしてメロンっぽく(笑)食し、メロンらしく食べるためには

 「キュウリ」と「ハチミツ」を用意するという手間がかかるうえに

 「キュウリ」に「ハチミツ」を掛ける際の分量を調整しなければならないので

 そこに色々と能書きを連ねる余地が生まれ、それを工夫と解するのでしょうが

ヴァイオリンの響きを豊かにするハンカチ ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 そんなことをするくらいなら最初からまさしく「メロン」を食べるほうが簡単です。

ヴァイオリンの響きを豊かにするハンカチ ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

そして

 ヴァイオリンにおいても同じことで

 素人が語るそれっぼく(笑)奏で、それらしく弾くための能書きは尤もらしいものの

 「メロン」ではなく「キュウリ」に「ハチミツ」を掛けるかの如くに

 「具体的」ではない「考え方」や「方向性」などという曖昧な指導に終始します。

それに対して

 玄人が伝えるそのものとして奏で、まさしく弾くための指導は能書きの余地など無く

 「メロン」を最初から食べるかの如くに

 「具体的」に「正確な音」一つひとつ認識し確認する指導が行われ

 「毎週まいしゅうレッスンに通い」毎回そうしたこまめな指導を受けることで

 ヴァイオリンをそれらしくではなく、まさしく弾ける技術が身に付くのです。

てすから勿論私も

 イメージとしてそれっぽく(笑)奏で、それらしく弾くようなヴァイオリンではなく

 リアリティとしてそのものとして奏で、まさしくヴァイオリンをヴァイオリンとして

 奏でられるように一音いちおん丁寧に指導しています。

そうしたなか

 ヴァイオリンのあご当てにハンカチを敷いてからあごを乗せる目的としては

 ヴァイオリンをあごで挟んだ部分が汗で傷まないようにする防湿のためですが

 最近、素人ではなく玄人、それも一流とされている演奏者において

 そのハンカチの敷き方が、まるで布団のように分厚い光景をよく見かけるようになり

 そのあまりに分厚い敷き方は、何か理由があるように思っていました。

すると

 THE DOUNIS COLLECTIONザ・ドゥニース・コレクション)のページでも書いた

THE DOUNIS COLLECTION ザ・ドゥニース・コレクション ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

ザ・ドゥニース・コレクション

THE DOUNIS COLLECTION

 板橋健先生が 

 ヴァイオリンのあご当てにハンカチを敷いてからあごを乗せるのは防湿だけではなく

 ヴァイオリンのあご当てに何も敷かずにあごを直接乗せて弾いていると

 ヴァイオリンの響きが硬くなるのを防ぐためでもあると教えてくださいました。

そして

 そうしたことを防ぐために用いるハンカチと使い方も教えて頂き

 既述の一流とされている演奏者の布団のような使い方が、まさにそのやり方なものの

 そのために用いるハンカチは縫製工場が変わったために品質が違うものになり

 音が悪くなってしまっていることがわかりました。

そこで

 ヴァイオリンのあご当てに敷くのに最適なハンカチを探し続けましたが

 ハンカチを使わないで弾き続けると既述のように響きが徐々に硬くなるものの

 ハンカチを敷いた時点で布地が柔らかいことから響きが損なわれ音が曇るのは当然で

 そうした響きの減少や音の曇りを最小限に留められる製品を探していました。

そして

 様々なハンカチを試し続け

 竹の繊維を使って作られた

ヴァイオリンの響きを豊かにするハンカチ ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 TAKEFU(竹布)のタオルハンカチという製品であれば

ヴァイオリンの響きを豊かにするハンカチ ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 繊維がしなやかなことに加えて、繊維がタオル状に編まれているので接触面が減り

 響きの減少は最小限に留められると考え試してみました。

すると

 この製品はヴァイオリンでの使用を目的としたハンカチではないことに加えて

 ハンカチとしてこの製品も柔らかい…にもかかわらず

 この竹布タオルハンカチをあご当てに敷く…正確には

 この竹布タオルハンカチで

 あご当て~エンドピン(エンドボタン)~楽器の裏板を覆って弾くと

ヴァイオリンの響きを豊かにするハンカチ ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 ハンカチ無しの状態よりも響きが増し音が朗々と鳴る有様には驚くとともに

 なんでだろう?と思ってしまいました。

ヴァイオリンの響きを豊かにするハンカチ ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

(と言っても例によって入ったことがないので、お店についてはわかりません(笑))

そこで

 この竹布タオルハンカチが柔らかいのに響きが増して音が朗々と鳴る様子を

 詳細に観察した結果

 この竹布タオルハンカチは柔らかいものの、当初の予想通り繊維がしなやかで

 そのしなやかな繊維をタオル状に編んでいるため、大袈裟な画像ですが弾力が生じ

ヴァイオリンの響きを豊かにするハンカチ ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 あご当て~エンドピン(エンドボタン)~楽器の裏板を竹布タオルハンカチで覆うと

 かなり大袈裟な画像になりますが、竹布のタオル地がいわばスプリングとなり

ヴァイオリンの響きを豊かにするハンカチ ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 これも大袈裟な画像ですが、あご当てに乗せるあごによる抑制を跳ね返すとともに

 肩に置かれた楽器に対しても振動を増幅していることによるものだとわかりました。

ヴァイオリンの響きを豊かにするハンカチ ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

ということで

 ヴァイオリンの響きを損なわないどころではなく響きを豊かにするハンカチを

 遂に見つけた!と大喜びで使い、既述の板橋先生も響きの豊かさを確認されました。 

ところが

 この竹布タオルハンカチを使い始めた当初は響きが増し音も透明で素晴らしいものの

 この竹布タオルハンカチを使い続けると徐々に響きも音も硬くなり始めてしまい

 このままでは、ハンカチをあご当てに敷かずに弾いて音が硬くなるのと同じ末路を

 辿りかねない状況に陥ってしまいました。

そこで

 仕方がないので市販のマイクロファイバーの布も用意して

ヴァイオリンの響きを豊かにするハンカチ ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 「竹布タオルハンカチ」を使っていて音が硬くなったら「マイクロファイバー」

 「マイクロファイバー」を使って音が柔らかくなったら「竹布タオルハンカチ」

 というように交互に使う方法を板橋先生が代替案として考えてくださいましたが

ヴァイオリンの響きを豊かにするハンカチ ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 そうなるとそれはまさに冒頭既掲のように

 「キュウリ」と「ハチミツ」を用意して「メロン」の味を目指しているのと

 同じ事態に陥っているように思いました。

ヴァイオリンの響きを豊かにするハンカチ ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

そうしたことから

 ヴァイオリンの響きを豊かにするメロン…ではなくて(笑)

ヴァイオリンの響きを豊かにするハンカチ ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 ヴァイオリンの響きを豊かにするハンカチを更に探求し続けたところ

 遂に見つけました!

ヴァイオリンの響きを豊かにするハンカチ ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

ということで

 何故このような画像が掲げられているのかということについては

 私のレッスンを受けている皆さんは、もうおわかりだと思いますが

 一般の方には何のことかわからないでしょうし

 わかっても製品の種類も多種多様で夫々響きが異なるので

 どのメーカーの何という製品が最良かということについては

 購入先も含めてレッスンの際にお伝えしています。

 


(下掲のボックスでブログ(サイト)内の検索ができます)

 

 

このブログの文章・画像・その他のコンテンツを含む一切の転載をお断りいたします