PAGANINI 24 CAPRICES(パガニーニ/24のカプリース)

実は超絶技巧ではなく基礎の集合体です

一般にパガニーニの作品は超絶技巧と考えられ

『パガニーニ/24のカプリース』は

その超絶技巧の最たる集と捉えられがちです。

 

けれども実際には

その音形においては

いかにもヴァイオリニストが書いたものである

ヴァイオリン奏者にとって自然な音の運びが主体となっており

その和声においては

あたかもカール・フレッシュ/スケール・システムを思わせる

機能和声に終始する響きが主体となっている点で

『パガニーニ/24のカプリース』は

ヴァイオリンにおける基礎技術の集合体です。

 

ですから

決して超絶技巧集ではなく基礎的技術の集大成として

ヴァイオリニストの基礎技術の習得の有無を判断する

リトマス試験紙のようなエチュードでもあるのです。

 

なお

パガニーニ弾きとして名を馳せた名奏者の演奏上の経験が

その運指や運弓の記述に見られる点で

アッカルドの校訂譜を用いながらレッスンしていますが

アッカルドの校訂譜通りに演奏するのではなく

アッカルドの校訂譜の内容を基にして

学習者それぞれがどのように演奏するのかということを

技術的な観点だけではなく

音楽的な観点も含めて考察しながらレッスンを行っています。

 

そして

専門家を目指す方だけではなく、趣味で習う方にも

「正しい音程」 (正確な音程)

「本格的な音色」(美しい音)でヴァイオリンを弾くための基礎的な演奏技術を大切に指導

一音いちおん丁寧に各人の進捗に合わせた課題をレッスンしています。

 

ヴァイオリンが本当に上手に弾けるようになりたい方は、当教室のバイオリンのレッスンをぜひ受けてみてください。