Double Stops  by Simon Fischer(サイモン・フィッシャー/ダブル ストップス)

DOUBLES STOPS by Simon Fischer(サイモン・フィッシャー/ダブル ストップス)はヴァイオリンの重音の音練習に特化して作られた教本です

Double Stops by Simon Fischer(サイモン・フィッシャー/ダブル ストップス)はヴァイオリンの音階教本として重音の練習に特化して作られた教本です。

 

その特長の第一は[運指]で

どちらの指を先に押さえておくのか?

前の和音の指を維持しておくのか?

といった練習課題が掲げられています。

 

その特長の第二は[差音]で

3度、6度、10度の重音で導かれる差音を示し

その差音が聞こえるように奏でることで音程が特定できるように

掲出されています。

 

そうした[運指]と[差音]の練習を踏まえたうえで

上の音程に合わせた重音の音程の微調整や

下の音程に合わせた重音の音程の微調整の練習課題も掲げています。

 

そのため

従来は単に“ハモる”という曖昧な概念によって導かれていた重音の音程を

具体的に“差音” を導くように音程を取らせている点で従来に無い内容で

24の調の総てにおいて、その目指すべき音程が誰においても再現性のある

練習ができるように編まれている点で画期的です。

 

けれども

“ハモる”ように音程を取る場合も、“差音”が導かれるように音程を取る場合も

いずれも響きを聴いて音程を微調整する点では従来通りのアプローチである

ともいえます。

 

加えて

こちらの記事にも書いたように

“差音”は単純な電子音の場合には生じ易く聞き取ることも簡単ですが

ヴァイオリンの音の場合は様々な倍音や余韻のなかで聞き取ることから

“差音”は聞き取り難いものとなります。

ですから

“差音”を聴取し奏でることは目的ではなく手段であって

既述のように音程を微調整して重音の響きを調和させるのが目的となる

ということを踏まえて練習する必要があります。