3.5が決め手の夢のような松脂(松ヤニ)

本当に上達したい方のためのヴァイオリン教室です ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン

モバイルでは端末を横長にしてご覧ください)

(iPhoneなどで端末を横長にして画面の左側にブックマークなどの表示が出る場合は

 画面最上部のアドレスバーの左側の青くなっているブック(本)のマークのアイコンをクリックすると消えます)

 イワモト ヴァイオリン教室のブログへようこそ。

 イワモト ヴァイオリン教室では
 専門家を目指す方だけではなく、趣味で習う方にも
 「正しい音程」 (正確な音程)
 「本格的な音色」(美しい音)でヴァイオリンを弾くための
 基礎的な演奏技術を大切に指導し
 一音いちおん丁寧に
 各人の進捗に合わせた課題をレッスンしています。

 ヴァイオリンが本当に上手に弾けるようになりたい方は
 当教室のバイオリンのレッスンをぜひ受けてみてください。

ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ 最高 Old Master Chardonnay Rosin Old Master Merlot Rosin オールドマスター シャルドネ オールドマスター メルロー ヴァイオリン教室 レッスン

私は

 嘗て師事していた鷲見三郎、鷲見四郎先生のもとで様々なヴァイオリンの弦を試していたこともあり、ある輸入商社の依頼で、国内で流通している製品は勿論、日本に輸入可能なヴァイオリン弦の総てを試していました。

そうしたことから

 ヴァイオリン弦に留まらずヴァイオリンの松脂(松ヤニ)でも国内での流通品の総てと輸入可能な製品を総て試し続けていますが、その対象としては会員制の販売で入手するのに何年もかかるような海外の製品まで漏れなく試し続けています。

ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ ヴァイオリン教室 レッスン
ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ ヴァイオリン教室 レッスン
ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ ヴァイオリン教室 レッスン

 

そして

 そのように松脂(松ヤニ)の色々な製品を試し続けているなかで

 三つの留意点が必要なことに気づきました。

それは

 第一に、従来と異なる製品を使うと、それだけで何か良い製品だと思い込む傾向にあり、その最たるものがプーローの松脂(松ヤニ)で、最初は何か深みのある艶やかな音と思うものの、暫く使い込むと、ヴァイオリンからヴァイオリンらしい音を響かせているとは言い難い製品だと気づかされます。

ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ ヴァイオリン教室 レッスン
ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ ヴァイオリン教室 レッスン

また

 第二に、何らかの製品を使った場合、すぐに評価せずに使い熟したうえでの判断が必要なものの、そうはいっても…というよりも、どう使い熟してみたところで明らかに性能の劣った製品もあり、下掲の松脂(松ヤニ)など、その人をおちょくったようなシールから受ける印象とは裏腹に何の面白味もない少しも響かない音に呆れたこともありました(笑)

ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ ヴァイオリン教室 レッスン
ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ ヴァイオリン教室 レッスン

そして

 そのように色々な製品を試し続けてみたものの、結局のところ現在流通しているベルナーデルの前身で現在は製造されていない[缶ベル]と呼ばれるアルミ缶入りのベルナーデルがひとつの基準で、これを超える松脂(松ヤニ)を見つけることこそが、第三にして最も重要な留意点だと思いました。

ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ GUSTAVE BERNARDEL ヴァイオリン教室 レッスン

(もっとも[缶ベル]の更にGUSTAVE BERNARDELの製品に限った場合でも

 当初流通していたGUSTAVE BERNARDEL(左2つ)と

 その後に流通したGUSTAVE BERNARDEL(右1つ)では

 缶の外見が異なるだけではなく

ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ GUSTAVE BERNARDEL ヴァイオリン教室 レッスン

 中身の色合いも全く異なり

ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ GUSTAVE BERNARDEL ヴァイオリン教室 レッスン

 現在、使いかけの製品でさえが高額に売買されているGUSTAVE BERNARDELは

 当初流通していた製品よりも性能の劣る後年のものが殆どですが

 それでもなお最高の松脂(松ヤニ)として高い評価を受けています)

 

ということで

 入手可能な総ての松脂(松ヤニ)を試し続けていますが

 その評価は、ヴァイオリンが強制連続擦弦楽器であることに基づいた考え方で

 行っています。

それは

 ひとつは、強制擦弦楽器=弓毛が楽弦を捉えて振動させるという基準で

 ひとつは、連続擦弦楽器=弓毛が楽弦から離れ響きを拡散させる基準で

 前者においては摩擦が多いほど、ヴァイオリンをよく鳴らすことができるとともに

 後者においては潤滑が多いほど、ヴァイオリンの響きが艶やかになることから

 その両者の基準は相反する要素を有しているように感じています。

こうした点で

 前者の摩擦力の高さを優先して、それが楽器を朗々と鳴らすものの響きが汚い製品か

 後者の潤滑性の高さを優先して、それが艶やかな音だと喜ぶも楽器が鳴らない製品の

 いずれかに分類されてしまう松脂(松ヤニ)か

 いずれかの要素がより強く感じられる松脂(松ヤニ)しか存在しないことは

 原理的に仕方がないことなのだと思っていました。

そして

 既述の当初流通していたGUSTAVE BERNARDELの[缶ベル]でさえも

 前者の摩擦力を相当程度有しつつも

 後者の潤滑性を感じさせるため塗った際に松脂(松ヤニ)の粒子が細かくなる手法で

 その両者を両立させようとしている製品のように感じていました。

 

ということは

 はたして、その松脂(松ヤニ)は摩擦力が高い製品なのか?

 はたして、その松脂(松ヤニ)は潤滑性が高い製品なのか?

 その上で、その両者の基準を両立させるため、どのような工夫をしているのか?

 けれども、その両者の基準は相反するもので、そのバランスを工夫するしかない

 それが

 強制連続擦弦楽器で楽弦を振動させるために弓毛に塗られる松脂(松ヤニ)の宿命

 そのように思っていました。

ところが

 夫々の製品が、その両者の基準を両立する要素を有していたために、両用することで

 とうとう遂に、その両者の基準を両立することができる製品に出会えたのが

 冒頭既掲の二種類の松脂(松ヤニ)でした。

ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ 最高 Old Master Chardonnay Rosin Old Master Merlot Rosin オールドマスター シャルドネ オールドマスター メルロー ヴァイオリン教室 レッスン

Old Master Chardonnay Rosin  Old Master Merlot Rosin

 オールドマスター シャルドネ   オールドマスター メルロー

その発見の切っ掛けになったのは

 日本国内で流通している総ての松脂(松ヤニ)を試し続けていたなかでも

 下掲の製品で

 当初流通していたGUSTAVE BERNARDELの[缶ベル]には遠く及ばず

 その後に流通したGUSTAVE BERNARDELの[缶ベル]にもやはり及ばないとはいえ

 多少類似した要素が僅かながら垣間見られました。

ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ Old Master GOLD Ⅰ ROSIN オールドマスター ゴールドⅠ ライト ヴァイオリン教室 レッスン
ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ Old Master GOLD Ⅰ ROSIN オールドマスター ゴールド ヴァイオリン教室 レッスン
ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ Old Master GOLD Ⅰ ROSIN オールドマスター ゴールド ヴァイオリン教室 レッスン

ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ Old Master GOLD Ⅰ ROSIN オールドマスター ゴールドⅠ ライト ヴァイオリン教室 レッスン

Old Master GOLD Ⅰ ROSIN

オールドマスター ゴールドⅠ ライト

そして

 上掲の松脂(松ヤニ)の製造メーカーでは、製品の粘性の分類グラフを掲出していて

 上掲の松脂(松ヤニ)と同じ粘性で、ワインを混ぜた製品があることを知り

ヴァイオリン バイオリン オールドマスター 松脂 松ヤニ パフォーマンス Old Master ROSIN PERFOMANCE ヴァイオリン教室 レッスン

 同じグラフ表示ならば同じ弾き心地で音がどう異なるのか試してみたいと思い

 そのワインを混ぜた松脂(松ヤニ)を輸入してみたところ

 弾き心地は滑らかで艶やかな音がするものの、摩擦力が不足していました。

ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ Old Master Chardonnay Rosin オールドマスター シャルドネ ヴァイオリン教室 レッスン
ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ Old Master Chardonnay Rosin オールドマスター シャルドネ ヴァイオリン教室 レッスン

ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ Old Master Chardonnay Rosin オールドマスター シャルドネ ヴァイオリン教室 レッスン

Old Master Chardonnay Rosin

オールドマスター シャルドネ

 

そこで

 上掲のOld Master Chardonnay Rosinに

 手持ちの色々な松ヤニを塗り重ねてみると摩擦は多少増すものの響きが濁るなか

 上掲のOld Master Chardonnay Rosinに

 既出のOld Master GOLD Ⅰ ROSINを塗り重ねると摩擦は多少増し響きの濁りも

 少ないので

ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ Old Master GOLD Ⅰ ROSIN オールドマスター ゴールドⅠ ライト Old Master Chardonnay Rosin オールドマスター シャルドネ ヴァイオリン教室 レッスン

 同じメーカーの他の製品を塗り重ねることで良い結果を得られるのではないかと考え

 同じメーカーの他の製品も含めた松脂(松ヤニ)のサンプルセットを入手して

ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ オールドマスターOld Master Rosin ヴァイオリン教室 レッスン
ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ オールドマスターOld Master Rosin ヴァイオリン教室 レッスン
ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ オールドマスターOld Master Rosin ヴァイオリン教室 レッスン

 色々と塗り重ねて比較してみました。

ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ オールドマスターOld Master Rosin ヴァイオリン教室 レッスン

その結果

 やはりワインを混ぜた松脂(松ヤニ)同士であれば音が全く濁らないようで

 オールドマスター シャルドネ(Old Master Chardonnay Rosin)と

 オールドマスター メルロー (Old Master Merlot Rosin)の組み合わせが

 最良であることがわかるとともに

ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ 最高 Old Master Chardonnay Rosin Old Master Merlot Rosin オールドマスター シャルドネ オールドマスター メルロー ヴァイオリン教室 レッスン

Old Master Merlot Rosin

オールドマスター メルロー

Old Master Chardonnay Rosin  Old Master Merlot Rosin

 オールドマスター シャルドネ   オールドマスター メルロー

 演奏していれば弓毛上で両者は混ざり合いはするものの

 下掲のワインを混ぜた粘性の高い松脂(松ヤニ)である

 オールドマスター メルロー(Old Master Merlot Rosin)に

ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ Old Master Merlot Rosin  オールドマスター メルロー ヴァイオリン教室 レッスン
ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ Old Master Merlot Rosin  オールドマスター メルロー ヴァイオリン教室 レッスン

ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ Old Master Merlot Rosin  オールドマスター メルロー ヴァイオリン教室 レッスン

Old Master Merlot Rosin

オールドマスター メルロー

ヴァイオリン バイオリン オールドマスター 松脂 松ヤニ パフォーマンス Old Master ROSIN PERFOMANCE ヴァイオリン教室 レッスン

 既掲のワインを混ぜた粘性の少ない松脂(松ヤニ)である

 オールドマスター シャルドネ(Old Master Chardonnay Rosin)を

ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ Old Master Chardonnay Rosin オールドマスター シャルドネ ヴァイオリン教室 レッスン
ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ Old Master Chardonnay Rosin オールドマスター シャルドネ ヴァイオリン教室 レッスン

ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ Old Master Chardonnay Rosin オールドマスター シャルドネ ヴァイオリン教室 レッスン

Old Master Chardonnay Rosin

オールドマスター シャルドネ

ヴァイオリン バイオリン オールドマスター 松脂 松ヤニ パフォーマンス Old Master ROSIN PERFOMANCE ヴァイオリン教室 レッスン

 塗り重ねると

ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ 最高 Old Master Chardonnay Rosin Old Master Merlot Rosin オールドマスター シャルドネ オールドマスター メルロー ヴァイオリン教室 レッスン

Old Master Chardonnay Rosin  Old Master Merlot Rosin

 オールドマスター シャルドネ   オールドマスター メルロー

ヴァイオリン バイオリン オールドマスター 松脂 松ヤニ 最高 パフォーマンス Old Master ROSIN PERFOMANCE ヴァイオリン教室 レッスン

 響きも濁ることなく摩擦力が増し、バランスの良い弾き心地になることが

 わかりました。

さらに

 既出のワインを混ぜた松脂(松ヤニ)はアメリカ国内のみの販売なことに加えて

 Old Master Merlot Rosin は粘性が高いために輸送時の破損は少ないのに対して

 Old Master Chardonnay Rosin は粘性の低さから輸送時に破損し易いこともあり

 日本国内での販売は2016年の春には未だ行われていませんが

ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ 最高 Old Master Chardonnay Rosin Old Master Merlot Rosin オールドマスター シャルドネ オールドマスター メルロー ヴァイオリン教室 レッスン
ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ 最高 Old Master Chardonnay Rosin オールドマスター シャルドネ ヴァイオリン教室 レッスン
ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ 最高 Old Master Chardonnay Rosin オールドマスター シャルドネ ヴァイオリン教室 レッスン

     (何回か輸入しましたが

      Old Master Merlot Rosin は全く無傷で届くのに対して

      Old Master Chardonnay Rosin は

      上掲の写真のように淵が欠けていることが何度かありました)

 小規模メーカーであることに加えて、国内の代理店が輸入するタイミングもあり

 注文してから入荷するまでに数か月かかっても構わないという前提であれば

 日本国内ではバイオリンサプライに依頼すると注文できることもわかりました。

 https://www.violinsupply.co.jp/

また

 最近の製品は

 Old Master Merlot Rosin のパッケージが変わりましたが

ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ Old Master Chardonnay Rosin オールドマスター シャルドネ ヴァイオリン教室 レッスン

Old Master Chardonnay Rosin  Old Master Merlot Rosin

 オールドマスター シャルドネ   オールドマスター メルロー

 中身の品質は全く変わっていません。

ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ Old Master Chardonnay Rosin オールドマスター シャルドネ ヴァイオリン教室 レッスン

Old Master Merlot Rosin

オールドマスター メルロー

一方

 Old Master Chardonnay Rosin はパッケージは変わらないものの

 既述のような輸送中の割れ・欠け防止のためか、生産ロットや輸入のタイミングで

 品質がややMerlot寄りの粘性の高い製品も見受けられ

ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ Old Master Chardonnay Rosin オールドマスター シャルドネ ヴァイオリン教室 レッスン

Old Master Chardonnay Rosin

オールドマスター シャルドネ

(上掲の画像中、フタの裏側の緩衝材はメーカーが入れたものではなく 

 バイオリンサプライが配送中の割れの低減のために梱包したものです)

 Old Master Chardonnay Rosin 単体での使用においては品質の変化は否めませんが

 Old Master Merlot Rosin との塗り重ねにおいては、塗り重ね具合の変更で対応可能です。 

けれども

 既掲の松脂(松ヤニ)においては

 私の行き付けの工房の職工いわく

 「ワインと松ヤニという、まさに水と油を混ぜ合わせられている点で画期的」という

 感想通りで

 油としての要素が摩擦力を担い

 水としての要素か潤滑性を担い

 前者の要素が強いOld Master Merlot Rosinに

 後者の要素が強いOld Master Chardonnay Rosinを塗り重ねることで

 摩擦力と潤滑性が両立し

 理想の松脂(松ヤニ)に相当程度肉迫はするものの

 理想の松脂(松ヤニ)そのものとは言い難い状況でしかありませんでした。 

(なお

 オールドマスター シャルドネは Chardonnayが用いられたワインを

 オールドマスター メルロー は Merlot  が用いられたワインを

 松脂(松ヤニ)に混入していると思われますが

 松脂(松ヤニ)が塗られた弓毛の側では殆ど匂いはしないものの

 松脂(松ヤニ)の側ではシャルドネでは微かに、メルローでは少しだけ

 酸味を感じさせる匂いがしますが

 何れも言われなければわからず、言われても至近距離で僅かに匂うだけなので

 実用上まったく問題ないと思います)

ザ・ドゥニース・コレクション THE DOUNIS COLLECTION  ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

ザ・ドゥニース・コレクション

THE DOUNIS COLLECTION

 板橋健先生が

 Old Master Merlot Rosin に

 Old Master Chardonnay Rosin を塗り重ねている私の演奏の様子を検分してくださり

 板橋健先生ご自身はそのような言い方はされなかったものの

 板橋健先生ご自身もそのように演奏されていらっしゃる3.5を提案いただき

 私も1か月かけて、その3.5を実現しました。

そのうえで

 Old Master Merlot Rosin に

 Old Master Chardonnay Rosin を塗り重ねてヴァイオリンを弾くと

 それはもはや既述の

 その後に流通したGUSTAVE BERNARDEL の[缶ベル]のみならず

 当初流通していたGUSTAVE BERNARDEL の[缶ベル]をも遥かに引き離し

ヴァイオリン バイオリン 松脂 松ヤニ 最高 Old Master Chardonnay Rosin Old Master Merlot Rosin オールドマスター シャルドネ オールドマスター メルロー ヴァイオリン教室 レッスン

GUSTAVE BERNARDEL

[缶ベル]

Old Master Chardonnay Rosin  Old Master Merlot Rosin

 オールドマスター シャルドネ   オールドマスター メルロー

 これ以上ないほどに楽器を朗々と響かせるにもかかわらず

 これ以上ないほどに音色は艶やかでザラついたところが無い

 究極ともいえる最高の音を奏でることができたので

 この記事で『3.5が決め手の夢のような松脂(松ヤニ)』と題しました。

 

とはいえ

 3.5というのは

 例えば、それぞれの松脂(松ヤニ)を3:5の割合で塗る…ですとか

 例えば、それぞれの松脂(松ヤニ)を三往復半だけ塗る…などという

 ことではなく

 既述のように私も1か月を要して実現したことなので

 その具体的な内容についてはレッスンの際にお伝えしています。

そして後日

 Old Master Merlot Rosin に

 Old Master Chardonnay Rosin を塗り重ねる使い方に対して

 さらに素晴らしい音をもたらす方法が見つかりましたが

 それについてはまた後日記事にしたいと思います。

 


(下掲のボックスでブログ(サイト)内の検索ができます)

 

 

このブログの文章・画像・その他のコンテンツを含む一切の転載をお断りいたします