009 サン=サーンス/序奏とロンド・カプリチオーソ

本当に上達したい方のためのヴァイオリン教室です ヴァイオリン教室 バイオリンレッスン

モバイルでは端末を横長にしてご覧ください)

(iPhoneなどで端末を横長にして画面の左側にブックマークなどの表示が出る場合は

 画面最上部のアドレスバーの左側の青くなっているブック(本)のマークのアイコンをクリックすると消えます)

 イワモト ヴァイオリン教室のブログへようこそ。

 イワモト ヴァイオリン教室では
 専門家を目指す方だけではなく、趣味で習う方にも
 「正しい音程」 (正確な音程)
 「本格的な音色」(美しい音)でヴァイオリンを弾くための
 基礎的な演奏技術を大切に指導し
 一音いちおん丁寧に
 各人の進捗に合わせた課題をレッスンしています。

 ヴァイオリンが本当に上手に弾けるようになりたい方は
 当教室のバイオリンのレッスンをぜひ受けてみてください。

ミンツ(ヴァイオリン)メータ指揮イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団 サン=サーンス 序奏とロンド・カプリチオーソ SAINT-SAÉNS INTRODUCTION AND RONDO CAPRICCIOSO INTERNATIONAL MUSIC COMPANY No.1426 ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

こうしたことはヴァイオリン以外の楽器でも同じだと思いますが

 ヴァイオリン弾きが創った曲は

 ヴァイオリンで弾き易くヴァイオリンも良く鳴るものの

 ヴァイオリン弾き以外の人が創った曲は

 ヴァイオリンで弾き難くヴァイオリンも鳴り難いといわれます。

ですから

 例えばベートーヴェンはヴァイオリンを弾いた…とはいえ、自身のソナタのハイ・ポジションのフィンガリングで総て1の指を直筆譜に記載してしまっている例もあるので演奏の腕前は素人レベルでしかないようで、そうしたことからヴァイオリンの作品でもヴァイオリンで弾き難い音形が頻出していますし

 例えばバッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ&バルティータは実によくできた作品…とはいえ、ヴァイオリン弾きにとって弾き易いとはいえない音形が多く含まれています。

そうしたことから正確には

 ヴァイオリン弾きが創った曲は

 ヴァイオリンで細部まで弾き易く細部まで良く鳴り

 ヴァイオリン弾き以外の人が創った曲は

 ヴァイオリンで細部では弾き難く細部では鳴り難いといえます。

そして

 サン=サーンス/序奏とロンド・カブリチオーソは

 ヴァイオリン弾き以外の人の曲にしては

 ヴァイオリンで弾き易く良く鳴るものの

 ヴァイオリンで細部では弾き難く細部では鳴り難い曲だといえます。

そのため

 そうしたことに気づかずに弾いているので

 玄人であれば、その奏者が玄人気取りかド素人であることがわかり

 素人の耳にも、その演奏は何かパッとしないと感じているのに

 弾いている本人はご満悦な例を見聞きすることがありますが(笑)

 時には、そうした人がヴァイオリンを教えたりしているのには

 呆れるばかりで、笑うにわらえません。

 

一方で

 サン=サーンス/序奏とロンド・カブリチオーソは

 特に二つの点に留意することで

 ヴァイオリン弾き以外の人が創った曲にしては

 ヴァイオリンで弾き易く良く鳴ることを活かせる作品になります。

では

 特に留意すべき二つの点は何なのかといえば

 第一には音程の取り方で

 これは冒頭からいきなり考慮すべきことがあり

 第二には運弓のやり方で

 これは殆どの実演や録音で楽譜を大幅に改訂している箇所があるのに

 何故かそれが全く論じられないのは不思議で仕方がありません。

 

ということで

 冒頭も含めて演奏上考慮すべき音程の取り方については

 参考となる録音が多数ありますが

 実演や録音で楽譜と全く異なる運弓の弾き方をしている箇所について

 そのようなことはせずに楽譜通りに演奏されている録音としては

 冒頭既掲のCDと、他に1つか私は知りません。

ミンツ(ヴァイオリン)メータ指揮イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団 ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 ミンツ(ヴァイオリン)

メータ指揮イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団

そうしたことから

 レッスンの際にはそうした

 冒頭も含めて演奏上考慮すべき音程の取り方と

 実演や録音で楽譜と全く異なる運弓の弾き方をしている箇所について

 ガラミアンの校訂譜を用いつつ

サン=サーンス 序奏とロンド・カプリチオーソ SAINT-SAÉNS INTRODUCTION AND RONDO CAPRICCIOSO INTERNATIONAL MUSIC COMPANY No.1426 ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

SAINT-SAÉNS INTRODUCTION AND RONDO CAPRICCIOSO

INTERNATIONAL MUSIC COMPANY No.1426

 冒頭既掲の録音も参照しながら指導を行うこともありますが

ミンツ(ヴァイオリン)メータ指揮イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団 サン=サーンス 序奏とロンド・カプリチオーソ SAINT-SAÉNS INTRODUCTION AND RONDO CAPRICCIOSO INTERNATIONAL MUSIC COMPANY No.1426 ヴァイオリン教室 バイオリン レッスン

 具体的にそれがどのような箇所であるかということについては

 レッスンの際にお伝えしています。

 


(下掲のボックスでブログ(サイト)内の検索ができます)

 

 

このブログの文章・画像・その他のコンテンツを含む一切の転載をお断りいたします